2008年07月31日

本日の工房

彫物の箔押しも終わり、段飾りの面に箔押しを終えた物から
金具をとり付け、組み立てに入ろうとしています。
先日蒔貝した出板の天板もと研ぎ出して、角粉で磨けばこの
とおりピカピカです。













posted by 宮原仏壇店 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年07月24日

箔押し

写真の引き出しの面に箔押しの作業を行っているところです。

箔を面の大きさに合わせて切り、金箔をおして、刷毛で余分な
箔を落としてからふき上げます。また面を二重にデザインして
いるので内側の面にはプラチナ箔を押しています。



















posted by 宮原仏壇店 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造

2008年07月23日

上塗り

現在工房では、漆の上塗りと室から上がってきた段飾りの面の
箔押し作業・彫刻等の箔押し作業を平行して行っています。







posted by 宮原仏壇店 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造

2008年07月17日

日本銘木 屋久杉仏壇

・八女福島仏壇と言えば金仏壇のことですが、本日は日本銘木
屋久杉を主材に使ったお仏壇をご紹介します。もちろん信頼ある
メーカーのお仏壇ですから自信をもっておすすめできる、一品
です。欄間の中央と猫戸には紫檀の彫刻をアクセントとして目を
ひくお仏壇です。 

段飾移動・スライド式経机付・大引き付







posted by 宮原仏壇店 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏壇

2008年07月08日

中塗り/炭研ぎ

中塗りを終え室からあがってきた物から、炭で中塗りの面を
水研ぎを行い平滑にしています。台輪・段飾り・扉などすべて
の面を根気よく研ぎ上げているところです。












posted by 宮原仏壇店 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造

2008年07月06日

蒔貝いろいろ

・本日は日曜日、工房の職人さん達はお休みです。ところで
先日ご紹介した蒔貝研出の変わり塗りを当店ではお仏壇によって、
デザイン・色を変えて色んな箇所に施しています。ちょとご紹介
いたします。
まずは、薄引き出しの天板・段三段など、次の写真は障子の逆円窓
に本タメ漆の部分に貝を蒔いて三日月型に、次は想作仏壇の扉に
円形にデザイン。また白茶の想作仏壇の替欄間にも、最後にご紹介
するのは、4枚の障子に組み込む障子飾りにシッポウ柄を蒔貝で
デザインしてみました。こちらはまだ試作の状態ですが、今後も
研鑽してゆきたいと考えております。










posted by 宮原仏壇店 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏壇

2008年07月04日

蒔貝

現在工房では、漆の中塗り・炭研ぎ・蒔貝作業を平行して行って
います。本日は青貝を段飾りに施し研ぎ上げる前の工程をご紹介。

まず、青貝です。極細みじん・小・中・大散と大きさが色々あります
が、これらを中塗りをした段飾りに漆が乾く前に、青貝をちらして
十分に寝かせてから、3枚目の写真のように漆を2,3回塗り重ねます。

現在はここまで進行中ですが、これを研ぎ出し、すり漆をして角粉を
使って手で磨き上げると次のように平滑で美しい艶がでます。
今回も18号の段三段と20号の薄引き出し・出板の天板に蒔貝研出
を施している途中です。









posted by 宮原仏壇店 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ