2013年03月12日

奥田様遅くなりました。

仏壇本体です。扉と蒔絵がまだですが、現在こんな感じです。
あともうひと手間加えますが、4月にお目にかかった時に
ご覧いただければとおもいます。カメラのフラッシュで色目が
わかりずらいと思いますが、ご勘弁ください。

欄間です。
DSC01275.jpg
宮殿です。
DSC01272.jpg

DSC01271.jpg
横壁です。
DSC01278.jpg
段回りです。
DSC01273.jpg

DSC01279.jpg
出板・引出 天板タメ蒔貝です。まだ色がでてきます。

DSC01274.jpg

そして、本体のみのです。下台ももうじき完成です。

DSC01270.jpg
posted by 宮原仏壇店 at 19:07| 日々の日記

2013年02月14日

銅地手打ち金具

奥田様 金具ができました。七宝中抜きです、段三段と宮殿柱の金具です。
さて、メッキ付けに出しますが金メッキと銀イブシどちらに致しましょう?

DSC01269.jpg

さて、下塗り研ぎの作業から中塗り上塗りと順調に進んでます。DSC01264.jpg





















下写真の中塗り うるみの物は研いで透き漆を縫ってタメ色にあげます。
DSC01263.jpg
下写真 背板です。中央には白檀塗の板を別に取り付けます。
DSC01262.jpg
扉です。この後ふきあげて、ウルミ部分に貝をまく予定です。
DSC01267.jpg
出板と引出です。すでに貝を蒔き透き漆を一度塗ってます。凹凸が大体
なくなる様後2、3回塗ってから、研ぎあげて磨く予定です。
天板はタメ貝、前面は黒の蒔貝です。
DSC01265.jpg
posted by 宮原仏壇店 at 14:54| 日々の日記

2013年01月11日

まだまだ下地作業

只今下地作業奮闘中です。したのフォト砥の粉です。

DSC01232.jpg


















この砥の粉を細かく砕き、下の膠を溶かし

DSC01231.jpg





















DSC01233.JPG




















混ぜ合わせたものが砥の粉膠地です(下)

DSC01234.JPG





















下のフォトは扉に寒冷紗を貼ってる様子

DSC01241.jpg


















DSC01242.jpg



















DSC01245.jpg

















刷毛引き、荒地、箆つけを部位によって同時進行です。


DSC01240.jpg


DSC01246.jpg


DSC01248.jpg



















posted by 宮原仏壇店 at 16:27| 日々の日記

2009年03月03日

・工房見学

・本日午前中に黒木町の大渕小学校の9名の生徒さんと先生が
伝統工芸の授業の一環で店舗・工房見学に来ていただきました。
店舗では、伝統工芸氏で当工房の職人の要でもある(こだわり
おやじ)が伝統工芸について、熱く語っておりました。また
店舗内のお仏壇を見ていただいてから、工房の方へ移っていた
だき、下地・下塗りの工程を見ていただいてから、簡単な箔押
し体験をしてもらいました。すこしでも皆さんのお役にたてて
いただければ幸いです。           合掌








posted by 宮原仏壇店 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記

2009年02月08日

・ご納品

・昨年12月にお預かりした、熊本市の渡辺様のお塗替えの
お仏壇を本日納品させていただきました。欄間の彫刻は以前
の物は使え無かった為、新しい彫刻と交換しましたが、その
他は以前のものを、総塗替え・金箔の総押し替えです。
もちろん新品同様です。喜んでいただき私共もうれしい限り
です。     合掌

posted by 宮原仏壇店 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記

2008年12月26日

・すす払い

・明日は午前中に年末恒例の八女伝統工芸館内の大型仏壇の
すす払いです。八女福島仏壇(協)の会員一同で一年の感謝
をこめお掃除いたします。もし八女の地にお越しの際は一度
この大型仏壇をご覧いただきたいものです。大きさはもちろん
の事、豪華で優美な様には溜息がでるほどです。
posted by 宮原仏壇店 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記

2008年12月07日

お塗り替え仏壇お預かり

一昨日、熊本県の正泉寺様のご紹介で、渡辺様よりお仏壇を
お預かりして参りました。扉等の金箔の傷みもひどく、下台輪
の破損箇所も御座いましたので、お塗り替えされる事になりま
した。お塗り替えとは、すす抜き作業の後、破損箇所の修復・
漆の総塗替え・金箔の総押し替え・金具の金メッキ直しとなり
ます。ゆえに新品同様のお仏壇になります。ご用命いただき誠
に有難うございます。









posted by 宮原仏壇店 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記

2008年11月27日

ごあいさつに伺い

先日、久留米市のお客様のお宅の近くまで参りましたので、ご挨拶
に伺いました。

もう6年ほど前に、仕込み仏壇を御納品させて頂いた
のですが、綺麗にお掃除されておられ、大切にしていただき私共も
嬉しいかぎりです。



posted by 宮原仏壇店 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記