2008年11月27日

本日の工房

現在工房では、18号京型の組み立てと想作仏壇の段飾り等の箔押し
と平行して天然漆の上塗りの工程をおこなっています。最後の写真は
分かりにくいと思いますが、戸表に半円状に本タメの蒔貝を施したもの
です。しばらく寝かせてから研ぎ出しますが、黒塗りの部分とタメの
蒔貝の部分の段差をなくすため、4回ほど漆を塗り重ねています。
ここまでくるにも、大変な手間暇がかかりました。












posted by 宮原仏壇店 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年07月31日

本日の工房

彫物の箔押しも終わり、段飾りの面に箔押しを終えた物から
金具をとり付け、組み立てに入ろうとしています。
先日蒔貝した出板の天板もと研ぎ出して、角粉で磨けばこの
とおりピカピカです。













posted by 宮原仏壇店 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年06月03日

荒地 箆付け

刷毛引きの工程が終了しましたので、現在荒地の箆付けを
行っています。一枚目の写真の地の粉を膠と水を混ぜたもの
箆をつかって次からの写真のように平滑になる様押さえを
きかせながら下地作業をほどこしています。











posted by 宮原仏壇店 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年05月08日

障子 円窓

下の写真は、障子に取り付ける円窓の部位です。1枚目は炭研ぎ
をおこなった物です。これに摺り漆をして室で寝かせてから、角粉
を指先につけ磨き上げた物が次の写真です。艶の違いがわかります?

本タメ蒔貝磨出しの部分は三日月をイメージしました。そして黒漆
の部分にもみじの彫刻に金粉を施したものと色をつけたものを取り
付けたのが次ぎの写真です。障子にこの円窓を取り付けたらまた
ご紹介します。









posted by 宮原仏壇店 at 14:49| その他

2008年04月24日

本日、まだまだ箔押し中

前回は扉前に金箔で紅葉を模りましたが、今回桜を金箔で
模ってみました、この後透き漆を2回塗って研ぎ出します。

その模様はまたのその時に。



posted by 宮原仏壇店 at 17:11| その他

2008年04月22日

箔押し

下の写真は欄間の箔押しの様子です。まずは金箔を常磐の上
で箔押しし易い大きさに切り、彫刻に根気よく箔を押してゆき
ます。箔切れしやすい部分には重ねて箔を押して、次に真綿で
箔を押さえてから、払刷毛を使って余分な金箔をおとしてゆき
ます。
するとこのように箔押しの彫刻が出来上がりです。
こうして、宮殿・小柱・段飾りにも箔を押したものが次ぎの写真
です。平物の様子はまたその時にUPします。















posted by 宮原仏壇店 at 13:44| その他

2008年03月18日

ご納品

本日は午前中、朝倉市の方へ金仏壇を納品致しました。
こちらのお客様も、数十年前にお仏壇をご安置したお客
様からのご紹介で、ご縁をいただきました。

こうしたお客様からのご紹介のおかげで、次にご縁をいた
だき、また次へと、本当にありがたい事です。  合掌
posted by 宮原仏壇店 at 12:34| その他

2008年02月29日

お塗替え御見積り

本日 午前中35年前に当店でお仏壇をご安置したお客様がご来店いただきました。

年忌前にお塗り替えをしようかと、思い立たたれた様です。

近々御見積りに伺う予定となりました。     合掌

posted by 宮原仏壇店 at 17:23| その他