2008年07月04日

蒔貝

現在工房では、漆の中塗り・炭研ぎ・蒔貝作業を平行して行って
います。本日は青貝を段飾りに施し研ぎ上げる前の工程をご紹介。

まず、青貝です。極細みじん・小・中・大散と大きさが色々あります
が、これらを中塗りをした段飾りに漆が乾く前に、青貝をちらして
十分に寝かせてから、3枚目の写真のように漆を2,3回塗り重ねます。

現在はここまで進行中ですが、これを研ぎ出し、すり漆をして角粉を
使って手で磨き上げると次のように平滑で美しい艶がでます。
今回も18号の段三段と20号の薄引き出し・出板の天板に蒔貝研出
を施している途中です。









posted by 宮原仏壇店 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ