2008年12月09日

・昨日の工房

想作仏壇の横壁・後壁に先日箔押しした物を室からあげて、
綺麗に余り箔を落とし、この後金粉を施し消粉にする予定です。

また宮殿の方も粉仕上げを主に仕上げました。





posted by 宮原仏壇店 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造

2008年12月07日

お塗り替え仏壇お預かり

一昨日、熊本県の正泉寺様のご紹介で、渡辺様よりお仏壇を
お預かりして参りました。扉等の金箔の傷みもひどく、下台輪
の破損箇所も御座いましたので、お塗り替えされる事になりま
した。お塗り替えとは、すす抜き作業の後、破損箇所の修復・
漆の総塗替え・金箔の総押し替え・金具の金メッキ直しとなり
ます。ゆえに新品同様のお仏壇になります。ご用命いただき誠
に有難うございます。









posted by 宮原仏壇店 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記

2008年12月05日

箔押し(段飾り面とり)

段飾りの面に金箔を押しているところです。写真は別須弥壇
の両脇にくる脇壇です。箔を押し、刷毛で箔を面の奥まで入れ込
み、余り箔をおとしてからふきあげます。二重面と裏板を取り付
ければ、最後の写真の様になります。










posted by 宮原仏壇店 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造

2008年12月04日

お塗替え(ご報告)

9月にお預かりしておりました朝倉郡の師岡様、お塗り替え
の件ですが、お仏壇本体は金具も取り付け、組みあがりました。

残すは、下台の上塗りと引き出しの金具を取り付ければ、完了
となります。

      (お塗り替え前)


      (お塗り替え後)


posted by 宮原仏壇店 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 修復

2008年12月03日

本日の工房

・想作仏壇の戸裏に、金箔で桜を象り桜ふぶきを表現してみま
した。

余分な箔を拭きあげる必要があるため、これも大変な時間
がかかります。この後は透き漆を塗って、研ぎ出します。




posted by 宮原仏壇店 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造

2008年12月02日

すす抜き並びに金具メッキ直し

先日より、すす抜き並びに金具メッキ直しのご依頼で
お預かりしておりました。

熊本県南関町の立山様、ほぼ完了いたしました。

後日ご連絡させていただきます。



posted by 宮原仏壇店 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 修復

2008年11月27日

本日の工房

現在工房では、18号京型の組み立てと想作仏壇の段飾り等の箔押し
と平行して天然漆の上塗りの工程をおこなっています。最後の写真は
分かりにくいと思いますが、戸表に半円状に本タメの蒔貝を施したもの
です。しばらく寝かせてから研ぎ出しますが、黒塗りの部分とタメの
蒔貝の部分の段差をなくすため、4回ほど漆を塗り重ねています。
ここまでくるにも、大変な手間暇がかかりました。












posted by 宮原仏壇店 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

ごあいさつに伺い

先日、久留米市のお客様のお宅の近くまで参りましたので、ご挨拶
に伺いました。

もう6年ほど前に、仕込み仏壇を御納品させて頂いた
のですが、綺麗にお掃除されておられ、大切にしていただき私共も
嬉しいかぎりです。



posted by 宮原仏壇店 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記